≪ 2008 10   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2008 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ページへのアクセスありがとうございます。
2014年現在は以下の要項にて、レッスン受講者を随時募集中です。
フォーム必要項目と楽器の経験年数、ご自身の年齢を明記の上、コチラよりご連絡下さい。


■受講内容

アイリッシュ・フィドルの基本的なノリの出し方

:アイルランドのダンスチューンをリズムごとにいくつか取り上げて紹介し、
「らしさ」を出す為のアドバイスを織り交ぜながら行います。
”アイリッシュのメロディは弾けるけれども、イマイチそれらしさが出ない”
”フィドルの泥臭さがどうしても出せない”
”グルーヴ感溢れるリールが弾いてみたい”
などのお悩みをお持ちの方、お待ちしております。


■受講要件

①バイオリンを最低限扱える方
:「バイオリンは触ったことないけれど、アイリッシュフィドルを弾いてみたい!」
こういった問い合わせを多数頂きますが、
呼び名と弾き方が違うもの、といいつつもやはりバイオリンはバイオリンです。
楽器自体について最低限の取り扱い知識が無い方とある方では、
上達速度にどうしても差が出て来てしまいます。

この点については受講頂く方それぞれのやる気が大きく影響するかと思いますので、
経験年数を参考に応相談です。

②都内近郊まで出てこられる距離にお住まいの方
:現在、「新宿」及び「横浜」の東京・横浜を拠点にしています。
それ以外の場所についてはこちらからの出張もおこないますが、要相談です。

③やる気のある方
:最終目標を最初にお聞きし、その内容に沿ってカリキュラムを組んでいます。
マイペースで結構ですのでそれに向けて頑張りましょう。


■注意事項

①アイリッシュ・フィドルの指導に限ります

:当方は音楽大学・専門機関でバイオリンの扱い方に対する指導を学習した者ではありません。
 従ってお教え出来る分野については、アイリッシュ・フィドルのノリの出し方と、
 必要のある場合に最低限のバイオリンの扱い方、に限ります。

②マニアックな指導はやっておりません
:アイルランドの中でも各地方ごとに奏法(スタイル)がありますが、
 とりわけて何処かのスタイルを専門にしているわけではありません。ご了承下さい。


///////////////

■受講詳細

料 金
(一般の方):1時間5000円(+施設費用・交通費要負担)/一回
(音大在学・卒業生及び音楽家・音楽を職業とする方):1時間10000円(+同上)/一回

※音楽大学に在籍または修了された方、音楽を職業とする方につきましては、
一般の方との習得速度、専門知識の習熟度の差を加味し、上記の限りとさせて頂きます。

場 所:<東京>新宿・渋谷 <神奈川>横浜
日 時:毎月変動します。応相談。

※相談の上可能と判断し、希望のあった場合は希望地へ出張します。
⇒埼玉・千葉・茨城の方もご相談ください。

※基本的に毎回申し込み制です。ご自分のペースで受講して頂けます。
⇒大体の方は二週間に一度、月2回程度で受けて頂いています

■グループレッスン(2~3名)

料 金:1時間4000円/各人(施設費用込み)
場 所:個人レッスンと同様
日 時:個人レッスンと同様
内 容:
その場で決めます。自分のプレイ内容につき疑問・問題点が明確になっている方向け
又は友人、知人と一緒に受講されたい方向け


ご連絡お待ちしております!

スポンサーサイト

@iko Obuchi

Author:@iko Obuchi
大渕愛子/Aiko Obuchi
1986年6月東京生まれ・育ち・在住。

5才からクラシックを学び、
17才の時に初めて耳にしたRiverdanceのFiddler,
Eileen Iversに衝撃を受けのCDに衝撃をうけ、
独学でアイリッシュフィドルをスタート。

現在【Harmonica Creams】【CELTECHADENZA】【橙】名義として
フィドル、ボーカル、作曲、トラックメイクでの演奏活動を行うほか、
アイリッシュフィドルのレッスン、アニメ・ゲーム・CM等の録音に携わる。

>>詳しくは新本家で!
bluefiddler.web.fc2.com

■Works■
◎2008年冬季~アイリッシュフィドル教室を開講。
◎2010年10月:
Modern Irish Project【3films】全国リリース。
◎2011年1月:
ハモニカクリームズ【触感の研究】全国リリース。
◎2011年6月:
Modern Irish Project【Tune Up】全国リリース。
◎2012年7月:
国際ケルトフェスのOrtigueira Festival Lunas stageへ邦人初出場&優勝(ハモニカクリームズ)
◎2012年8月:
CELTECHADENZA【celtechadenza】限定リリース
◎2012年12月:
ハモニカクリームズ【in+out=sea】全国リリース
◎2013年4月:
CELTECHADENZA【second earracha】限定リリース
◎2013年6月:
Modern Irish Project【Movind Cloud】全国リリース
◎2013年7月・8月:
Festival de Ortigueira(Spain)へシード出演、
Festival de Sendim(Portugal),
Festival de Paradinas(Spain),
いずれも邦人初出場。(ハモニカクリームズ)
◎2013年10月:
O'Phan【Love & Freedom】限定リリース
◎2013年10月:
CELTECHADENZA【redundance】限定リリース
◎2013年11月:
Austin Celtic Festival(Texas,USA)に
Hanz Araki Super Bandにて邦人初出場。
◎2013年12月:
ハモニカクリームズ【東京色香】全国リリース
◎2014年4月:
CELTECHADENZA 4th album【Type:A】限定リリース

アイリッシュフィドル、教えます。(2014年内容一部改定)

■live予約、演奏依頼、各種問い合わせ等はcontact!
(上手く行かない場合はコメント下さいませ。)

■参加バンド(2015年現在)
celtechadenza(Celt×Techno)
ハモニカクリームズ(Celt×Blues)
・橙(Celt×Progressive)

■Recently
・Modern Irish Project(Irish)
・仰木亮彦&ザ・フードクラブバンド(仰木亮彦ソロ)
・O'Phan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。