≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナギィ戦@下北沢、無事終了致しました。お越しくださった皆さまありがとうございました!

フィリップさん、ブルターニュの蛇腹弾きという以外ノン情報でしたがとても素敵な方でした。
演奏中の振る舞いがすごく独特。あと蛇腹をわざと「ガチャ!」って云わせる奴とか。
哀しい調子の曲が多かったけど、あれがあっちの音楽なんだろうか。
(最後に全員でやったのはマイナー/メジャーというよりはモーダルっぽかったけど)

演奏以外でちょっとお話しましたが、
単に自分が英語ダメなのもあるがやはりフランスの人の英語って独特なのだろうか、
そんなに難しい事云ってないのに聞き取れない場面が多々でした。suimasen...^^;

!そんなフィリップさんとの共演ゲストに、喜多直毅さんがいらっしゃいました!
書いちゃいますが私、今年4月のViolin Explosion以来大ファンでありまして。
太田さんはもともととある経緯で見聞きしていて、人柄も演奏もひっくるめて大好きだったんですが、
名前だけよくよく聞いていた喜多さんはそのイベントで初めて観て、まさに一目惚れでありました。

出音も弾きっぷりも立ち居振る舞いも全部カッコイイ!ふぁ~vvv
その時は小ホールみたいなところのステージからずっと後ろの方だったので、
顔や表情などどんな方なのかわからなかったのですが、
ご本人が現場にいらっしゃった際にちょうど入り口付近におったので、
実質初対面にも関わらず挨拶そっちのけでハイテンションを撒き散らしてしまいました。
(すっごく困惑されてましたね。すいませんでした^^;;;)

いやいやホント、ライブ行きたい行きたいと思ってた矢先だったので、まさかの邂逅でした。
あんなに間近で観れて聴けて+最後に成り行き上隣で弾かせて頂いたりもして、
年末間際にホントに至福の極みでした。フィドラーやってて良かった!反省とかこの際もういい!
恐らく自分が今後追っ掛けてゆくタイプとは違う4弦弾きなのですが、
すっごく勉強になりました。技術的なことだけではなく。。

とまぁ、個人的喜多さんレポになってしまったので本題は追記に。

▼続きを読む▼

この記事へコメントする















@iko Obuchi

Author:@iko Obuchi
大渕愛子/Aiko Obuchi
1986年6月東京生まれ・育ち・在住。

5才からクラシックを学び、
17才の時に初めて耳にしたRiverdanceのFiddler,
Eileen Iversに衝撃を受けのCDに衝撃をうけ、
独学でアイリッシュフィドルをスタート。

現在【Harmonica Creams】【CELTECHADENZA】【橙】名義として
フィドル、ボーカル、作曲、トラックメイクでの演奏活動を行うほか、
アイリッシュフィドルのレッスン、アニメ・ゲーム・CM等の録音に携わる。

>>詳しくは新本家で!
bluefiddler.web.fc2.com

■Works■
◎2008年冬季~アイリッシュフィドル教室を開講。
◎2010年10月:
Modern Irish Project【3films】全国リリース。
◎2011年1月:
ハモニカクリームズ【触感の研究】全国リリース。
◎2011年6月:
Modern Irish Project【Tune Up】全国リリース。
◎2012年7月:
国際ケルトフェスのOrtigueira Festival Lunas stageへ邦人初出場&優勝(ハモニカクリームズ)
◎2012年8月:
CELTECHADENZA【celtechadenza】限定リリース
◎2012年12月:
ハモニカクリームズ【in+out=sea】全国リリース
◎2013年4月:
CELTECHADENZA【second earracha】限定リリース
◎2013年6月:
Modern Irish Project【Movind Cloud】全国リリース
◎2013年7月・8月:
Festival de Ortigueira(Spain)へシード出演、
Festival de Sendim(Portugal),
Festival de Paradinas(Spain),
いずれも邦人初出場。(ハモニカクリームズ)
◎2013年10月:
O'Phan【Love & Freedom】限定リリース
◎2013年10月:
CELTECHADENZA【redundance】限定リリース
◎2013年11月:
Austin Celtic Festival(Texas,USA)に
Hanz Araki Super Bandにて邦人初出場。
◎2013年12月:
ハモニカクリームズ【東京色香】全国リリース
◎2014年4月:
CELTECHADENZA 4th album【Type:A】限定リリース

アイリッシュフィドル、教えます。(2014年内容一部改定)

■live予約、演奏依頼、各種問い合わせ等はcontact!
(上手く行かない場合はコメント下さいませ。)

■参加バンド(2015年現在)
celtechadenza(Celt×Techno)
ハモニカクリームズ(Celt×Blues)
・橙(Celt×Progressive)

■Recently
・Modern Irish Project(Irish)
・仰木亮彦&ザ・フードクラブバンド(仰木亮彦ソロ)
・O'Phan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。