≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


調布インターナショナルスクールハウスコンサートを皮切りに、
水戸KELLS、原宿レフェクトワール、広島Molly Malones、
京都Tadgs、京都トゥレドゥー、横浜Tap roomの7本勝負でした。
なかでも50名を記録した原宿レフェクトワールにお越し頂いたみなさま、
ありがとうございました!お初Kathrynだった方、見逃した方は是非次の機会にも。

レフェクト1
Refectoire/原宿 2014.2.5 photo by Yousuke Touge

1779130_568157363273998_613459018_n.jpg
Refectoire/原宿

1660297_10203077005185974_1545431070_n.jpg
Kells/水戸 2014.2.2

1898242_288273261324037_1590660703_n.jpg
トゥレドゥー/京都 2014.2.9

1625713_10202384125419134_1831724942_n.jpg
Tap room/馬車道 2014.2.10

先月の自主企画に続き、自分のバンドじゃない立場での集客や企画について
とてもあれこれ考えた期間でした。
無論この年齢になっても未経験な事がまだまだ多いのですが、
ひとつずつ積み重ねてゆけば必ず後々フィードバック出来るものなのだ、と。
この感覚によっかかろうとする人間ではなく、対等に受け入れてくれる人たちと仕事をしてゆきたい。

集客もしないのにチャージも払わずぞろぞろとスペースを確保して、
自分達の出番でだけ人が大勢居る画をわざわざ録りに来る輩、
チャージライブには絶対来ないのに投げ銭ライブでは投げ銭すらしないで、
わけのわからない手みやげを押し付けて帰ってゆく外人気触れの輩、
彼らは金輪際永久にノーサンキューです。

アシストの立場だったから見える景色。これもまた勉強。

///

拙者編集のつたないものですが、原宿レフェクトワールでの映像記録をいくつか。

【Kathryn Claire with O'Phan"New Holland Grove"】


【Kathryn Claire with O'Phan"Gravel Walks set"】
スポンサーサイト


この記事へコメントする















@iko Obuchi

Author:@iko Obuchi
大渕愛子/Aiko Obuchi
1986年6月東京生まれ・育ち・在住。

5才からクラシックを学び、
17才の時に初めて耳にしたRiverdanceのFiddler,
Eileen Iversに衝撃を受けのCDに衝撃をうけ、
独学でアイリッシュフィドルをスタート。

現在【Harmonica Creams】【CELTECHADENZA】【橙】名義として
フィドル、ボーカル、作曲、トラックメイクでの演奏活動を行うほか、
アイリッシュフィドルのレッスン、アニメ・ゲーム・CM等の録音に携わる。

>>詳しくは新本家で!
bluefiddler.web.fc2.com

■Works■
◎2008年冬季~アイリッシュフィドル教室を開講。
◎2010年10月:
Modern Irish Project【3films】全国リリース。
◎2011年1月:
ハモニカクリームズ【触感の研究】全国リリース。
◎2011年6月:
Modern Irish Project【Tune Up】全国リリース。
◎2012年7月:
国際ケルトフェスのOrtigueira Festival Lunas stageへ邦人初出場&優勝(ハモニカクリームズ)
◎2012年8月:
CELTECHADENZA【celtechadenza】限定リリース
◎2012年12月:
ハモニカクリームズ【in+out=sea】全国リリース
◎2013年4月:
CELTECHADENZA【second earracha】限定リリース
◎2013年6月:
Modern Irish Project【Movind Cloud】全国リリース
◎2013年7月・8月:
Festival de Ortigueira(Spain)へシード出演、
Festival de Sendim(Portugal),
Festival de Paradinas(Spain),
いずれも邦人初出場。(ハモニカクリームズ)
◎2013年10月:
O'Phan【Love & Freedom】限定リリース
◎2013年10月:
CELTECHADENZA【redundance】限定リリース
◎2013年11月:
Austin Celtic Festival(Texas,USA)に
Hanz Araki Super Bandにて邦人初出場。
◎2013年12月:
ハモニカクリームズ【東京色香】全国リリース
◎2014年4月:
CELTECHADENZA 4th album【Type:A】限定リリース

アイリッシュフィドル、教えます。(2014年内容一部改定)

■live予約、演奏依頼、各種問い合わせ等はcontact!
(上手く行かない場合はコメント下さいませ。)

■参加バンド(2015年現在)
celtechadenza(Celt×Techno)
ハモニカクリームズ(Celt×Blues)
・橙(Celt×Progressive)

■Recently
・Modern Irish Project(Irish)
・仰木亮彦&ザ・フードクラブバンド(仰木亮彦ソロ)
・O'Phan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。