≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


#Session@武蔵小杉

と き:10月24日(土)19時~23時
ところ:Irish Bar McCan's
http://www12.plala.or.jp/McCANNS/

*no charge & 1order。マッキャンズは今月で6周年目!


・・・

えーと、超今さらですが9月19日~22日はナギィで京都方面遠征でした。

総括、トシさんづてにいろいろな方にあえたり、
普段あちらでお世話になってる人たちにあえたりで楽しかったのはそうなんですが、

慣れない土地で移動も多く、お初の方も多く毎日本番てなかんじで、
許容量パツパツだったのは本当です。w

で、たまには画像で雰囲気だけでも記録を。
いいショット無いですけどね。弾くのが本業なのでw

まずは初日@先斗町Something IV。



長尾君がくぬぎさんチームに参戦。
ゲンタさんはお初だったけど素敵でした。一緒に3/4pintやったり。
くぬぎファン満員。カントーからいらっしゃってた方も。

二日目、高槻@カフェコモンズ。



上層階に石釜入れちゃいました、ピザ焼いちゃいましたという素敵なところ。
インプロチーム、ちんどん大御所のブラジリアンチームと対バン。
チャージを設定せずにお客さんの自己飲食い分も全部カンパにしちゃうという面白い企画でした。
藤野さんはこの晩の夜行で帰京。

三日目@さらさ西陣。



銭湯を改造してカフェにしちゃいましたという、東京にはないよね、知らないよねなところ。
ザッハトルテ目当てのお客さんがすごい!開演一時間前から長蛇の列で、
ちょうど別の銭湯あがりでぷらぷらしてたのですが、思わず物陰に隠れましたw

ザッハトルテは楽し。合同はしっちゃかでもっと楽しかったです

四日目@Irish Pub Field。





夜行の時間があったので事後セッションには3セットくらいしか居られませんでしたが、
とってもバラエティに富んだプレイヤーが遊びに来てくれたので、
空気が楽しかった。吸っただけで満足してまいました

ライブは赤澤さんと初ご一緒出来たのが良かった。
急きょ一対一で無伴奏ジグをやったり、
口琴のコウヂさんとも何度かやってるエレクトロニカ方向のアレンジのネタもやったり、
とにかく何をしていてもばっちり溶け込んでいらっしゃってすごーい。の一言
東京にもひとり欲しい、赤澤さん!(笑)

・・・

…で、かえって次の日、MIPのレコーディング第二弾。
ドラムを入れての一発どりを、満4時間半ほど集中的に何曲か。



こちらについてはマスタリング完了まで来ています。来月にはお披露目出来るかな。

・・・

10月3日@北千住エキゾチックフェア。



生憎の悪天候。風強し、岡バンドの時なんかは横なぶりの雨が降る始末。
(他諸々悪条件に負けない岡さんの運びはすばらしかったです)

ハモニカクリームズで出演しましたが、なんせ野外がこのバンドでは初。
PAでわちゃわちゃして少し押しましたが、楽しく出来ました。
って遅刻した私がきれいにまとめてみる。w

・・・

10月4日@日ノ出町屯茶屋。



実は、ハモクリに関してはちゃんとした集合写真がない。
これはネット上で無断拝借させて頂きました。肖像権利者としてね。すみません
しかも6月の野毛の時のですね。ご勘弁

ハモクリについては、観ていない方がかわいそう、と一言。
参加者なのでもはや高慢ちきな豪語にしかならないんですが、
掛け値無しに素敵に炸裂する集まりです。自己の中ではMIPと張ります。

よしとさんとは会ってまだホントに2年目くらいだし、
フランス日本を行ったり来たり中なので会える時間も限られてるんだけど、
とにかくとっても勉強になります。あたしの好きな実践方の勉強をさせてくれる。

来年もやっていられるように、踏みとどまってるしかないね。
あの熱気の渦巻く根底をまた見たいなら。
てなんで今年はこの日でおしまい。

・・・・・

っとざっと駆け足しちゃいましたが、
各日にかかわるみなさま、ご一緒したみなさま本当にありがとう&お疲れ様でした。

京都は何度か行ってるし、ライブもずいぶんこなしてきたけど、
この遠征とハモクリ2期目を終えてあれこれ自分の中や外で変化がありました。

かわっていくこと、それも良い方へかわっていくことは大事だと思うし、
個人的に興味も意欲も沸く。

無意識のうちの動機が先なのか、理由づけが先なのかはわからないけど、
そのひとつの明確なベクトルをなんらか素直な自分の欲求だとして、
今後も伸ばしたりひっぱったりひっぱられたりしていきたいなと思ってます。

ちゅーことで。:-)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















@iko Obuchi

Author:@iko Obuchi
大渕愛子/Aiko Obuchi
1986年6月東京生まれ・育ち・在住。

5才からクラシックを学び、
17才の時に初めて耳にしたRiverdanceのFiddler,
Eileen Iversに衝撃を受けのCDに衝撃をうけ、
独学でアイリッシュフィドルをスタート。

現在【Harmonica Creams】【CELTECHADENZA】【橙】名義として
フィドル、ボーカル、作曲、トラックメイクでの演奏活動を行うほか、
アイリッシュフィドルのレッスン、アニメ・ゲーム・CM等の録音に携わる。

>>詳しくは新本家で!
bluefiddler.web.fc2.com

■Works■
◎2008年冬季~アイリッシュフィドル教室を開講。
◎2010年10月:
Modern Irish Project【3films】全国リリース。
◎2011年1月:
ハモニカクリームズ【触感の研究】全国リリース。
◎2011年6月:
Modern Irish Project【Tune Up】全国リリース。
◎2012年7月:
国際ケルトフェスのOrtigueira Festival Lunas stageへ邦人初出場&優勝(ハモニカクリームズ)
◎2012年8月:
CELTECHADENZA【celtechadenza】限定リリース
◎2012年12月:
ハモニカクリームズ【in+out=sea】全国リリース
◎2013年4月:
CELTECHADENZA【second earracha】限定リリース
◎2013年6月:
Modern Irish Project【Movind Cloud】全国リリース
◎2013年7月・8月:
Festival de Ortigueira(Spain)へシード出演、
Festival de Sendim(Portugal),
Festival de Paradinas(Spain),
いずれも邦人初出場。(ハモニカクリームズ)
◎2013年10月:
O'Phan【Love & Freedom】限定リリース
◎2013年10月:
CELTECHADENZA【redundance】限定リリース
◎2013年11月:
Austin Celtic Festival(Texas,USA)に
Hanz Araki Super Bandにて邦人初出場。
◎2013年12月:
ハモニカクリームズ【東京色香】全国リリース
◎2014年4月:
CELTECHADENZA 4th album【Type:A】限定リリース

アイリッシュフィドル、教えます。(2014年内容一部改定)

■live予約、演奏依頼、各種問い合わせ等はcontact!
(上手く行かない場合はコメント下さいませ。)

■参加バンド(2015年現在)
celtechadenza(Celt×Techno)
ハモニカクリームズ(Celt×Blues)
・橙(Celt×Progressive)

■Recently
・Modern Irish Project(Irish)
・仰木亮彦&ザ・フードクラブバンド(仰木亮彦ソロ)
・O'Phan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。