≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あけましてさっそく二日目が経とうとしていますね。
今回の年始は完璧寝正月状態です。
準備すべきものがいくつかあるんだけど、スイッチはいんないよう

ええーと、なんもかんも差し置いてまず昨年のまとめ。

2010年は初っ端から昼の仕事もしつつ、
ざっと数えて70本ほどのライブをやらせて頂きました。

音楽的な山場は7月・9月かなぁ。
ハモクリのレコーディングが詰め詰めでひぃひぃだったのが一番印象深い。

思いがけず盛大にお祝いして頂いた6月のsundaland、
夏の集大成で珍しく120?賭けに行った9月のジロキチ、
周りも自分たちも盛り上がりすぎて分けわかんないくらいだった11月のCAY、
この3本がテンションとして記憶に色濃いライブ。

個人的に精度が高かった、と評価できる記憶は正直薄めです。
いっちゃなんだけど未だに惰性で弾いている場面て結構多い。

ただ今年はMIPが流通にのっかるきっかけとなったコンピレーション参加の諸々、
年間を通して色々な場面で一番お世話になったSundalandcafeでの、
特に春秋にあったアースガーデン代々木でのステージ、
そのあたりの影響だと思うけど、
Modern Irish Projectがようやっとバンド然としてきたという感じです。

誰がひっぱるの?誰がケツもつの?自分らどうしたいの?
という物事のキソにあたる部分が今まで至極不明瞭でなあなあで、
それはTIGのインタビューなんかを読んで頂くと嫌でもバレると思うのですが(笑)、
あのきっかけあった時点で初めて自分等は何者か、何を示したいのか、
という自問自答をしたんだと思う。

おせーよ!って話で、実際自分でもおせーよ!!と思ってるんですが、
ひとつ商品として他のバンドと並列に陳列された時にまさに問答無用で、
輪郭のあやふやさが浮き彫りにされたわけでした。
不可抗力じゃないけど、これはとても良かったなと思ってます。
自分たちでアクションしろよ、ってことなんだけど、
この機会を受身だとわかってるけど待ってた、そんな感じ。
(※バンドの言葉じゃありません、あたしの言葉です。w)

そんな絶好のチャンスのあとに、じゃあどうなるのよ?というとこですが、
これは言葉でなくて態度で、示していくことになると思います。
MIPはつい先月で4年目突入となるわけですが、
今年はひとつ、そんな姿勢で活発に動いて行くつもりです。

今更スタート地点にたった感もあるけど、今更なんていわずに。
どうぞ引き続き見守ってやって、ついでに楽しんでって下さい。

個人では健康体を作ること、
なんとか夜の仕事へシフトする方法を練り始めること、が目標。

その一環にあたるかは別として、
ひとつ久々に自発的に仕掛けにゆくつもりです。
詳しい事はまだ書けないけど、
やっとシチュエーションも自分のレベルも(これはいつまでもギリギリ)、
やりたいことに見合うようなところへ来れたような気がしているので。

久々に自発的、というと?って方もいると思いますが、
おんなじバイタリティで以って物事に取り組むのは、高校のバンド以来です。
というと長尾君やたじーに悪いね。序盤にも書きましたが、
脱惰性な姿勢を見せないと、誰に対しても失礼だしね。すんませんです。

でもこれはとても楽しみ。お腹の裏側がわくわくしてくすぐったいくらい。
衒わず気負わず、きっと皆さまをあっと言わせるものをお見せしますよ。

あとハモニカクリームズも夏にまた再始動。
先行して、今月23日に<触感の研究>が全国発売です
(あとでちゃんと書きます)
昨年とはまた違ったパフォーマンスやフィールドで、
まだ会ってない人たちを沸かせに駆け回ると思います。乞うご期待!

それからフィドルレッスンは引き続き募集します。
現在は5名の方が継続して受講中、
お休みの方・不定期単発の方も複数という状況です。
詳細は御馴染み、コチラにて。

ではでは最後に、
2010年に関わって頂いたすべてのみなさまに、感謝。
丸2ヶ月半も世の中でライブ、セッションと演奏出来たのは、
ひとえにそのみなさまのおかげです。

2011年も更なる個人的精進と、観てくれる人たち、
たまたま観ちゃった人たちも心底楽しませる演奏を目指します。
どうぞ本年も気楽にお付き合いください。よろしくお願いいたします。

よしなに!

2011.1.2 大渕愛子
スポンサーサイト


この記事へコメントする















@iko Obuchi

Author:@iko Obuchi
大渕愛子/Aiko Obuchi
1986年6月東京生まれ・育ち・在住。

5才からクラシックを学び、
17才の時に初めて耳にしたRiverdanceのFiddler,
Eileen Iversに衝撃を受けのCDに衝撃をうけ、
独学でアイリッシュフィドルをスタート。

現在【Harmonica Creams】【CELTECHADENZA】【橙】名義として
フィドル、ボーカル、作曲、トラックメイクでの演奏活動を行うほか、
アイリッシュフィドルのレッスン、アニメ・ゲーム・CM等の録音に携わる。

>>詳しくは新本家で!
bluefiddler.web.fc2.com

■Works■
◎2008年冬季~アイリッシュフィドル教室を開講。
◎2010年10月:
Modern Irish Project【3films】全国リリース。
◎2011年1月:
ハモニカクリームズ【触感の研究】全国リリース。
◎2011年6月:
Modern Irish Project【Tune Up】全国リリース。
◎2012年7月:
国際ケルトフェスのOrtigueira Festival Lunas stageへ邦人初出場&優勝(ハモニカクリームズ)
◎2012年8月:
CELTECHADENZA【celtechadenza】限定リリース
◎2012年12月:
ハモニカクリームズ【in+out=sea】全国リリース
◎2013年4月:
CELTECHADENZA【second earracha】限定リリース
◎2013年6月:
Modern Irish Project【Movind Cloud】全国リリース
◎2013年7月・8月:
Festival de Ortigueira(Spain)へシード出演、
Festival de Sendim(Portugal),
Festival de Paradinas(Spain),
いずれも邦人初出場。(ハモニカクリームズ)
◎2013年10月:
O'Phan【Love & Freedom】限定リリース
◎2013年10月:
CELTECHADENZA【redundance】限定リリース
◎2013年11月:
Austin Celtic Festival(Texas,USA)に
Hanz Araki Super Bandにて邦人初出場。
◎2013年12月:
ハモニカクリームズ【東京色香】全国リリース
◎2014年4月:
CELTECHADENZA 4th album【Type:A】限定リリース

アイリッシュフィドル、教えます。(2014年内容一部改定)

■live予約、演奏依頼、各種問い合わせ等はcontact!
(上手く行かない場合はコメント下さいませ。)

■参加バンド(2015年現在)
celtechadenza(Celt×Techno)
ハモニカクリームズ(Celt×Blues)
・橙(Celt×Progressive)

■Recently
・Modern Irish Project(Irish)
・仰木亮彦&ザ・フードクラブバンド(仰木亮彦ソロ)
・O'Phan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。